東芝インフラシステムズ株式会社

多業種

様々な分野での活用事例をご紹介します。

株式会社モビリティランド様
鈴鹿サーキットの本コースを走行するEVゴーカートに搭載
“世界初*!”新感覚アトラクション「サーキットチャレンジャー」

鈴鹿サーキットの「サーキットチャレンジャー」は、F1日本グランプリや鈴鹿8耐などで使われる国際レーシグコース東コースをゴーカートで運転する新アトラクション。
従来のガソリン車ではなくリチウムイオン二次電池「SCiB™」を搭載した最先端のEVマシンを使用したアトラクションとして2016年3月19日に登場しました。

* 小学生以下の子どもがF1グランプリを開催するレーシングコースを走行できるEVアトラクション(株式会社モビリティランド様調べ)
  • 安全性
  • 長寿命
  • 急速充電
  • 低温性能
  • 広いSOC
  • 高入出力
株式会社モビリティランド様 EVゴーカートの写真

株式会社サイカワ様
車載実績のあるSCiB™の長寿命特性や安全性を評価いただき、
移動式充放電器「EDS-11」に採用

電欠EV車両のレスキューサービスや給電サービス、災害時用の緊急電源や家庭用の100Vや200V電源(オプション)としてもご使用いただける移動式充電器です。
次世代自動車充電インフラ整備促進事業補助金対象製品です。

  • 安全性
  • 長寿命
  • 急速充電
  • 低温性能
  • 広いSOC
  • 高入出力
株式会社サイカワ様 EDS-11外観とEV車両への給電の写真