東芝インフラシステムズ株式会社

環境への取り組み

東芝のSCiB™は幅広い分野に適用され、
持続可能な社会の実現に貢献します。

環境への取り組み

二次電池SCiB™ は、下の3つの要素を満足する特性と設計配慮で東芝グループのエクセレントECP(Environmentally Conscious Products:環境調和型製品)に認定され、その普及拡大で環境に貢献します。

  • 資源有効活用の視点 寿命が長いため、
    電池の交換回数が削減できます。
  • 地球温暖化防止の視点 優れた性能のため、SCiB™ は
    数々の機器で、限られたエネルギーを
    効率的に使うことのできる電池です。
  • 化学物質管理の視点 東芝グループにおいて含有を
    禁止する物質(群)を使用していません。

環境配慮事項

東芝の二次電池SCiB™は、下記項目のすべての基準を満たしています。

ライフサイクル 環境配慮評価項目
材料・部品調達
  • 東芝グループにおいて含有を禁止する物質(群)を使用していないこと。*
  • 紙によるマニュアル類は再生紙を使用していること。**
お客様による使用
  • 長寿命に対する基準として独自に定めたサイクル寿命を満足すること。
使用済み製品のリサイクル
  • 25g以上のプラスチックには材料名を表示してあること。
  • 対象となる製品にリサイクルマーク(リチウムイオン電池)が貼られていること。***
その他
  • 製品のLCA評価を実施し、環境負荷・環境影響を把握していること。****
  • ファクターT算出を実施していること。
  • *
    東芝グループグリーン調達ガイドラインのランクA区分[禁止物質(群)]。ただし、別に定める適用除外部分を除く。
  • **
    取扱説明書を国内で製造している場合。
  • ***
    リサイクルマーク貼付対象は国内向け小型電池に限る。
  • ****
    LCA(Life Cycle Assessment)は材料構成や製造工程の類似した製品において実施している。

二次電池SCiB™のファクター算出例

価値ファクター 1.51 × 環境影響低減ファクター 2.14 = ファクター 3.23
  • ※高入出力2.9Ahセル搭載
    アイドリングストップシステム用補助電源に採用
    (2013年3月発売開始)
  • ※比較製品:リチウムイオン電池

製品の価値

製品の価値に関するグラフ

環境影響

環境影響に関するグラフ